イギリス留学 ざっくり日記

大学院で社会開発を学んだ話

12.各先生とのエピソード

特にエッセイを書くときに助けてくれた先生2人について書きます。仮にA先生とB先生としています。他の方の参考になればと思い、共有します。

1)A先生

まず、秋学期に受講した科目のA先生とのエピソードをご紹介します。彼のやさしさとアドバイスのおかげで一番きつい時期を乗り越えられたと思い、本当に感謝しています。

・きっかけ:A先生への質問
きっかけは2回目のエッセイの提出を控えていた12月の最後の授業でした。A先生はもともと優しい方で、最初のエッセイでも書き方を丁寧に解説してくれたのですが、2回目のエッセイに関しても質問出来る時間を授業中に設けてくれました。

その時の私は、最初のエッセイの点数が悪く自分の知的かつ英語能力の低さに落ち込んでいました。そこで何とかこの気持ちを打破したく、A先生へ「エッセイの下書きは、母語第二外国語である英語のどちらで書いた方が良いと思いますか?」と質問をしました。

A先生に聞いた理由は、彼にとっての第2外国語であるスペイン語でその人が論文を書くこともあると以前話していたからです。その時の私は、最初からアウトラインや下書きを英語で書くと分析が浅くなるような気がしていたのですが、日本語で書くと英語に訳す手間がかかるためどうすべきか迷っていたのでした。

・A先生の対応
A先生はまず私の質問へ丁寧に回答してくれました。曰く、母語第二外国語のどちらで論文の下書きを書くのが良いか自分でも分からないこと、状況や人に依るため一概には言えず、自分も試行錯誤の途中である、とのことでした。

次に、他の英語が第二外国語であるコースメートにも質問してくれ、3人ともエッセイは最初から英語で書くと答えました。それから先生は「つい他と比べてしまうかもしれないけれど、以前の自分と比べて成長しているかどうかに意識を向けた方が良いと思うよ。」、そして「第二外国語でエッセイを書くことは大変だと思うけどその大変さを乗り越えた時、君はその分何かを得ているからその苦しさは報われるからね。」と、ものすごく優しく話してくれました。

・私の反応
私は一言回答くれたらいいな、くらいの気持ちだったので、A先生が時間をかけて回答してくれたことに驚くとともに本当に申し訳ない気持ちになりました。また、他のコースメートは私よりも英語も知識量も上だと感じていたので、私の質問で10分以上も時間をとってしまったことにも罪悪感を抱きました。

また、自分が英語能力のなさに甘えて、努力をしていなかったことにも気づきました。最初のエッセイは苦しみましたが、気分転換と称して何時間もネットサーフィンをしたりして、全力で準備したかというと、決してそうではなかったからです。

・気持ちの変化
たっぷり3日くらい「能力が足りないのに、努力もせずに愚痴って、他の人に迷惑をかけた・・。」と落ち込んでいたのですが、自分を責めるのにも疲れて、ふと「じゃあ最大限努力をすればいいじゃん。」と開き直りました。英文を読むのも書くのも人より遅いのであれば、人より時間をかければいいだけでしょ、と当たり前のことに気づいたのでした。

・その後
それからは朝から夜まで、ひたすらエッセイ執筆を行いました。家では他のことをしてしまいそうだったので、図書館にずっとこもっていました。その時試しに、アウトラインは最初日本語で書いた後に英語で書きました。英語文献があまり理解できないときは、日本語に大まかに訳してそれを読んでみるということもしました。まずは何でもやってみようと思ったからです。

12月のイギリスは日照時間が短いので、家を出る時も帰るときも周りが暗くて、時間の間隔がなくなってきました。同じことを繰り返しているので曜日も分からなくなるのですが、爪が伸びていることに気づいて前回爪を切ってから1週間くらいが経ったのかなと思う感じでした。クリスマスもお正月も関係なくただひたすら読んで書いていました。

・結果
「出来る限り努力したかな」と思えるくらい取り組んだ2回目のエッセイは、最初のエッセイより9点点数が上がっていました。最初のエッセイがひどすぎたとはいえ、自分でも内容や書き方が改善したと思えるものが書けて嬉しかったです。

点数を受け取った後、A先生の研究室へエッセイのフィードバックを得るために訪問し、アドバイスの御礼を言いました。その時もエッセイの改善の余地を控えめながら色々アドバイスしてくれ、私の細かな質問にも答えてくれました。最後の最後まで、素晴らしい対応をしてくれて本当に嬉しかったです。

彼が言ってくれた「他人とではなく、以前の自分と比べて成長したかを考えた方が良い」「乗り越えたら、その分何かを得られるよ」という言葉は、今後上手くいかないことがあったら思い出して努力しよう、と思っています。そして、出来の悪い生徒にも最大限の気配りと優しさをくれた彼のように私も行動したいと思っています。 

2)B先生

もう一人、エッセイを書く際に助けてくれたB先生とのエピソードを紹介します。B先生は秋学期の授業を他の先生(C先生とします)と一緒に担当していた先生でしたが、厳しさと優しさの半分で接してくれたのでそれもとても勉強になりました。

・最初のエッセイ
最初のエッセイの提出前にアウトラインについて相談に行った際、アドバイスをしてくれたのですが、私には理解できないことが結構ありました。その後に考えたり調べたりしてB先生へ再度質問すべきだったのに時間がなく、分からないまま書き上げたエッセイは点数がとても低くなってしまいました。

そのエッセイへのB先生からの評価コメントには「英語にも内容にも問題があるので、自分からフィードバックを得るためにアポをすぐにとることや、大学の行っている留学生のための論文支援サービスを受けることを強く勧める。」と書いてありました。大学院の支援サービスは何回も利用していたのですが、それでもレベルが低い内容なのかとものすごく落ち込みました。

・B先生からのフィードバック
エッセイに関するフィードバックを受けにB先生の研究室に訪問すると、彼は意外にも優しく励ましてくれました。分析が浅いこと、エッセイの構成がルールに沿っていないことを正直に指摘しつつも、自分も英語は第二外国語だから論文を書く大変さは分かるよ。とにかく努力あるのみだけどアドバイスが必要だったらまた連絡してね、と言ってくれました。

・2回目のエッセイ
2回目のエッセイはB先生とは別のC先生が相談窓口となってくれたのですが、この方は極力アドバイスをしない方針だったのかアウトラインの相談をしてもほとんどコメントをもらえませんでした。C先生からは「アウトラインの書き方は人に依るから」と至極まっとうな意見をいただいたのですが、自分のアウトラインに自信がなかった私はとても不安でした。

またC先生はその訪問の後は休暇に入るので一切質問へは対応しないと言っていて、最初のエッセイのように分からないまま書いたら2回目のエッセイも点数が低いのではと心配になりました。そこで、B先生へメールでアウトラインを送り、良ければアドバイスをいただけたら有難いと連絡してみました。
その後B先生は返信をくれ、最初のエッセイと同じ問題があることを指摘してくれ具体的なアドバイスをくれました。

そのメールに追記してあった、「文献についてもアドバイスが欲しければ言ってね」という社交辞令にも甘え、自分が使うつもりの文献を送ったところ20くらい他の参照文献を送ってくれました。そして、先生が送ってくれた文献を読んで、自分の今まで読んでいた文献が偏っていたことに気づきました。

B先生のおかげで、自分のエッセイの課題(取り上げるテーマを広く設定しているため議論が浅くなりがち)と文献の偏り(自分の支持する論点ばかりを読んでいた)を改善出来ました。年末は大学が休みの日なので返信してもらって本当に申し訳なかったですが、B先生のアドバイスがなければ合格点に到達しなかったかもしれません。

・結果
こうやって執筆した2回目のエッセイは最初より点数が上がりました。また、自分の改善すべき点がB先生のおかげで明確になり対策が立てやすくなりました。特に、英語の文法や論文の構成が良くないことをはっきり言ってくれてとても感謝しています。
その後も他の先生からエッセイに対してコメントをもらうことがありましたが、内容以外の英語の改善点について詳細を指摘してくれる人はいませんでした。B先生から文献リストが送られてきたのは12月23日でしたが、私にとっては少し早いクリスマスプレゼントに思えたことを懐かしく思い返します。

このように、先生に手間をかけさせるのは申し訳なかったと思うものの、改善するためには時に自分から積極的にアドバイスをお願いすることの大切さを知った出来事です。先生が優しい方でアドバイスするよ、追加で質問しても良いよ、と言って下さる方であれば、最大限の感謝をして自分でも調べて考えたうえでその優しさに甘えるのも良いのではと思ったので書いておきます。

 

11.目標の点数を取ることの意義について

私は60点台後半をとることをいつも目標にしていました。なぜなら、たいていのモジュールの平均点が60半ば前後だったからです。高ければ高いほうが嬉しいのですが、理想が高すぎても良くないと思い今の自分がとった点数よりも少し上を目指していました。
その意図はもちろん合格点をとって修士を取得することでしたが、それに加えて仕事で英語の報告書などを書く際に平均以上のレベルの文章をかけるようにしたいと思ったからです。また、人に評価されるプロセスも磨きたかったので、先生の研究室に相談に行って的確に評価ポイントを理解しようとしました。
その理由は、修士取得後も評価者(上司や組織)の期待に合う文章をかけるように練習をしたかったからです。評価軸は評価する人に拠っても違うので、目標とする点数は得るということは将来の仕事で希望する評価を得ることに繋がると認識していました。もちろん論文の内容を先生の好みに合わせたりはしていませんが、先生が何を重視しているのかを常に意識していました。先生が支持していない理論や例を支持する場合、先生が納得出来るような根拠を示さなければ授業を理解していない、学びが浅いとみなされると思います。誰にどう評価されたいかを意識し、その結果が分かりやすく点数として得られるエッセイ執筆の経験はとても勉強になりました。

結果的に目標としていた60後半以上が取れたエッセイは6本中2本だけで、あんなに時間と手間をかけたのにと悔しかったのですが、最大限努力して60前半がとれるスキルが身についたという点は成長と見なそうと思います。

10.読み方

ここでは読み方について書きます。

1)参照する文献はいくつか
これは課題を評価する先生に事前に質問していただけたらと思うのですが、秋学期に受講した科目の先生は雑談の中で「自分の見解としては2000語で最低8文献以上必要、それ以上多ければいいけど20以上とかあまり多すぎても、2000語だとまとめるのが難しいかもしれないねー」と言っていました。

春学期に受講した科目の先生が過去の生徒のサンプルとして出してくれたエッセイは、5000語でreference(参考文献)が18本で72点を獲得していました。私は同じ5000語で25本の文献を参照し63点だったので、参照数が多ければ点数が高くなるというわけではもちろんありません。ただ良いエッセイを書くためにはそのトピックについて広く時に深く知っている必要があるため、直接の参考にはしなくてもたくさんの文献を読むことが大切、と先生からは言われました。
読み方ですが、私は以下のように文献リストをエクセルで作っていました。

f:id:suteky:20210403102834p:plain

この表では、カテゴリーと文献名、そして余裕があれば要約を書いていました。最初はこれに受講している科目のガイドラインに記載してある必須、推奨文献を記載してざっと読みます。また、ネットの記事などは見つけたらその都度Evernoteへ保存しておいて、後で速読もしくは熟読するようにしていました。それも参照出来そうなものはこのリストに記事名やリンクを追加します。後で「あの情報どこにあったっけ?」と探す時間が発生するのを防ぐためです。
慣れてくると文献管理ソフトウェアに見つけた記事などを直接保存したりしました。ソフトについては以下ページを参考に掲載いたします。ただ使いやすさや大学によって有料版が無料で利用出来たりするなどあるので、どれが良いかは人に依ると思います。私はZoteroを使っていましたが、主な理由は大学の図書館のパソコンで利用出来たからです。
Best Reference Management Software 2021: Compare Reviews on 40+ | G2

2)メモの取り方
読んだ文献のメモの仕方は論文の重要度によって変えていました。大きくエッセイで参照する文献と参照しない文献に分け、参照する文献もエッセイの要(コア)となる理論とそれ以外で分けていました。
コアとなる理論の論文は内容を深く理解する必要があるため、印刷した文献資料の重要な部分へマーカーをして、余白に要点を書いて、必要な場合は更にノートにまとめるようにしていました。コア論文は3回以上読んで理解して、エッセイを書いている間も何度も見直します。
下はコア論文のコピーです。

f:id:suteky:20210403102902j:plain

下はその他の論文のまとめノートです。最初にざっと読みながらハイライトやコメントを付けて、参照する可能性があるものを箇条書きでページ数とともに簡単にメモしていました。

f:id:suteky:20210403102927j:plain

私はアナログ派でしたが、OneNoteや他のソフトウェアを使ってデジタル管理している人もいました。検索が出来る点では、デジタルの方が便利だと思います。
先生が授業で推薦文献として提示したものは全てざっと目を通すようにしていましたが、その中で参照しないものもリストにその文献名と「不要。主に○○について書いてあるため。」などコメントしていました。後で内容を忘れて再読する手間を省くためです。

9.工夫したこと(書き方編)

ここでは書き方で工夫したことを紹介します。

1)アウトラインは早めに確定する
私は自分の書きたいこと、そしてアウトラインから読むものを早めに決めるようにしていました。なぜなら、最初のエッセイ提出の際に文献を広く読んだ後にアウトラインを確定させようとしたのですが、結局自分の書きたいことやエッセイの結論は文献を10本読んだ段階と30本読んだ段階とでほとんど変わらなかったことに気付いたからです。そのため、参照文献が載っているハンドブックをもらった時(授業一回目)から自分の書くテーマを絞る2~3つに絞る方法へと変えました。

授業では毎週テーマが異なるのですが、その週のテーマの準備と自分のエッセイのテーマの準備に半分ずつ時間を使っていました。エッセイの準備は「分からない基礎知識はテキストやウェブで調べる→必須文献の概要を10~20くらいざっと読みアウトラインをつくる→先生に相談(2回)→エッセイを書きながら、このアウトラインに合う文献を読み進める」という流れで行っていました。

2)理論を先に書く
私は書く順番として「最初に論文のコアとなる理論→それを補助する考え→それに反論する考え→例」で行うことが多く、理論を先に書くことを心掛けていました。これは、ある授業でサンプルとして先生が教えてくれたエッセイを参照した方法ですが、議論の流れは人に拠ると思います。

3)語数から段落数を仮決めする。
エッセイの書き方についての本には1ページ(約340語、ダブルスペースで)が3段落(パラグラフ)くらいに分けられているのが分かりやすくて良いと書いてあったりします。また、他のコースメートのエッセイを読んで1段落は100語~300語(多い人は500語を何段落かで使用)と分かったので、それをもとにエッセイの段落を決めるようにしていました。
つまりは5000語なら250語×20段落くらい、ということを最初に決めます。『英語論文の書き方入門』の31ページに、「1つのパラグラフでは限定されたトピック(topic)1つについて1つの主張を述べる」と説明があるのですが、段落数が決めるとそのエッセイに入れられるトピック数を大まかに決めることが出来ました。

4)アウトラインを最初は付箋で管理する
段落の1文目はtopic sentence(主題文)となります。そのため、私はまず付箋に自分の言いたいことや重要な点を書きだして、1つの付箋を1段落として仮に組み立てるということをしていました。付箋を並べてみると漏れや重複が分かり頭を整理することが出来ました。また、先生に相談してアウトラインが確定するまでは構成が変わり続けるので、付箋で入れ替えられるのは分かりやすくて良かったです。
以下例として、平和教育をテーマにして書いたエッセイを載せています。

f:id:suteky:20210403102357j:plain

最初のアウトラインから微修正を含めると10回以上段落の構成を私は変えていたので、この方法は有効でした。最初はそれをいちいち紙に書き直していてとても時間がかかりました。
アウトラインが確定したら、付箋ではなくエクセルで管理していました。エクセルには段落毎の語数(予定と実績)を入れて全体のバランスを確認していました。この表で特に重要なことではないのに語数をかけているところに気づいて削ったり、重要な点の語数を増やしたりの調整が出来ました。
以下が実際使っていたエクセル表です。

f:id:suteky:20210403102421p:plain

この表は「予定」と「実績」の語数を入れて、どの項目に過不足があるかを確かめるために使っていました。ただこれで大まかに流れが出来ると直接エッセイを修正するので、この表の予定はエッセイ最終版とは異なっています。
予定ではIntroduction300語、その後のサブセクションを1つ(合計1100語、全3段落)で考えていましたが、提出した最終版のエッセイを見ると最終稿は以下の構成に変わっていました。そのため、最初のエクセルの予定はあくまで目安です。

 

語数(合計)

段落(合計)

予定/最終報

予定

最終版

予定

最終版

Introduction

300

299

1

2

サブセクション1

1100

1316

3

5

 

 

8.工夫したこと(人からのフィードバック編)

第1回目のエッセイの点数とコメントを見て、大学院で評価されるエッセイについて正しく理解出来ていないことに気づきました。その後色々と試行錯誤したのですが、以下は効果がありました。

1)70点台をとったコースメートのエッセイを見せてもらう
→秋学期の最初のエッセイを提出した後に、優秀かつ優しいコースメート達とお互いにエッセイを見せ合う機会を得ました。ここで70点台をとったコースメートのエッセイの構成自体が、50点台だった自分のエッセイと全く違うことに気づきました。そして私のエッセイは英語でのエッセイ(かつ論文)の書き方に沿っていないため、分析が足りない、’Descriptive(描写が多い)’と評されていたと分かりました。ここで構成(特にアウトライン)の重要性に気づいたことはとても大きな学びで、以後ずっとそれについて先生からアドバイスをもらうようにしていました。

2)先生にエッセイのアウトラインを見せてコメントをもらう(2回くらい)
→エッセイの構成や段落の流れで内容がanalyticalかが決まると思ったので、アウトラインについて先生に最初に相談するようにしました。1回目のアドバイスで構成が大きく変わったり必須文献を紹介してもらえたりするので、春学期からは先生への相談は2回以上出来るように早めに用意しました。
エッセイ提出1ヵ月前になると他の生徒が研究室に押し寄せアポがとりづらくなるので、2ヵ月くらい前に1回目の訪問、1ヵ月前に2回目の訪問を行いました。また、1回目のアドバイスでアウトラインを大きく修正することが多かったので、2回目の訪問で先生からのアドバイスを反映した修正後のアウトラインが正しいかを再確認することは重要だったと感じています。

また、1回目の訪問でアウトラインの流れについて具体的なアドバイスをもらえたことはすごく助かりました。「セミナーなどで基本は学んだけれど、英語でのエッセイの構成が分からなくてとても苦しんでいる。」と本音を伝えたところ、優しい先生方だったので口頭で「例えばこういう議論の流れが考えられるかもね、最初はこの理論を説明して~」などのヒントをくれました。
また2回目の訪問では「あなたの議論のここが深く分析出来ているね。」「この観点は重要に思えると思ったよ。」とコメントをもらい、そこをより強調した形でより深い分析をするように修正したりしました。その後、もう一度授業ノートを見直すと、コメントされた所は先生が重要だと強調していた点だったりしました。

先生へ相談する前の準備も入念にしました。まず事前に質問を整理して、それを質問する文章も書きだした台本も用意しました。台本を読んだりはしないですが、これを用意することで自分が話すことに夢中になって先生のアドバイスを聞き逃すことを防ぐことが出来ました。また、先生によっては訪問の際に録音を許可してくれたので、質疑応答を録音させてもらい後で聞き直していました。これは私の英語能力が限られていたためですが、出来る限り「自分の疑問を解決する。先生のアドバイスを理解する。」ために準備をしていました。

3)先生以外のネイティブからコメントをもらう
大学が提供する英語が第2外国語の生徒向けの無料のTutorialサービスを何回か受け、コメントをもらったのも英語を改善するために良かったです。というのも、細かな英語の文法の間違いや構成の変な所は、エッセイの評価者である先生はわざわざ細かく指摘しないからです。(忙しいし、基本的なことだからです。ただその不足分で点数を下げるのみだと思います。)
正直フィードバックは毎回厳しめで、自分の知識不足や英語力不足のなさに落ち込むのですが、「エッセイ提出前に改善点が分かってラッキー!その分点数上がるし!」と思うようにしていました。

4)提出後:評価コメントの詳細を聞くため、先生の研究室に行く
→エッセイの点数が出た後、そこに記載された評価コメントについて質問があれば来ていいよ、と先生が言ってくれます。コメントはたいてい短かったのですが、訪問して細かく質問すると意外な点を指摘してもらえたりして有益でした。

5)ネイティブに校正(Proofread)してもらう
友達でも良いと思いますが、私は有料のサービスを利用しました。高額なのですが自分の文法の癖なども知れますし、意外なところが修正されたりするので、毎回は金額的にきついですが試しに1回利用するのも良いと思いました。(私の場合は思わぬところでアメリカ英語を利用していたことに気づけたりしました。)
ただProofreadを他人に受ける場合には細かなルールがあるので、それを正しく理解している人に頼むのは必須だと思います。例えば、proofreadの際に論文の内容を他者が変えてしまった場合、それは不正行為になってしまいます。詳しくは「3.不正行為」についての記事をご覧ください。